SiteInfo

SiteInfo SiteInfo
記事内に広告が含まれています。
SiteInfo

【GPTs】Isometric Imaginatorをリリースしました

オリジナルカスタムGPT「Isometric Imaginator」をリリースしましたのでぜひお使いください。「Image Creator」は、イゾメトリックスタイルの画像生成に特化したAIツールです...
ChatGPT・OpenAI

【GPTs】My Best Writerをリリースしました

オリジナルカスタムGPT「My Best Writer」をリリースしましたのでぜひお使いください。「My Best Writer」は、あらゆるジャンルの文章作成に対応したGPTです。長文や文字数にも対...
ChatGPT・OpenAI

【GPTs】Image Creatorをリリースしました

オリジナルカスタムGPT「Image Creator」をリリースしましたのでぜひお使いください。「Image Creator」は、ユーザーの要望に応じて多様な人物像と服装(水着含む)の高品質画像を生成...
スポンサーリンク
ChatGPT・OpenAI

【GPTs】ビジュアルゲニウスクリエーター日本語版・英語版をリリースしました

オリジナルカスタムGPT「ビジュアルゲニウスクリエーター」日本語版と英語版をリリースしましたのでぜひお使いください。ビジュアルゲニウスクリエーターは、あなたの想像力を形にするプロのAIデザイナーです。
ChatGPT・OpenAI

【GPTs】インテリジェント・ラーニングアシスタント日本語版・英語版をリリースしました

オリジナルカスタムGPT「インテリジェント・ラーニングアシスタント」日本語版と英語版をリリースしましたのでぜひお使いください。インテリジェント・ラーニングアシスタントは、教科書作成を専門とするGPTです。
ChatGPT・OpenAI

【GPTs】プロンプトデザインエキスパート日本語版・英語版をリリースしました

オリジナルカスタムGPTs「プロンプトデザインエキスパート」日本語版と英語版をリリースしましたのでぜひお使いください。このGPTは、プロンプトやカスタムGPTのインストラクションの作成をサポートします。
SiteInfo

【サイト情報】画像生成AIのギャラリーを始めました!見てね

画像生成AIを使って色々な画像を作っています。ブログでギャラリーを始めましたので、AIの魅力や楽しさを共有したいです。
Security

X(旧twitter)で拡散した人を調べる方法

Xで投稿したツイートの反応を調べたい場合、リポスト・引用・いいねの数をチェックすることがあります。これらの数や相手を調べることで、ツイートの拡散度や影響力を把握することができます。
ChatGPT・OpenAI

DNSサーバーにTXTレコードを追加する簡単ガイド

DNSレコードにおけるTXTレコードは、ドメインに関する追加情報を提供する重要な役割を果たします。ここでは、一般的なDNS管理ツールを使ってTXTレコードを追加する手順について、詳細に解説します。
Mac-PC-Gadgets

新しいタブページのカスタマイズ:Mac版Microsoft Edgeでウェブブラウジングを最適化

Mac版Microsoft Edgeの新しいタブページは、ニュースや広告など、さまざまなコンテンツが表示されています。しかし、これらのコンテンツが不要で、プレーンな検索窓(ボックス)のみのページにしたい場合もあるでしょう。
Mac-PC-Gadgets

Pixel7で緊急速報メールの通知音を調整する方法

緊急速報メールは、地震や津波、大規模な火災などの災害時に、国民の安全を守るために、メールの通知音は、最大音量で鳴るように設定されています。しかし、音量が大きすぎると、夜間などに寝ているときにびっくりしてしまうこともあります。
Security

ダークウェブに流出したメールアドレス:実用的な安全対策ガイド

アンチウィルスソフト等で有名なノートン社が「お客様の情報がダークウェブに流出していないかチェック」するWebサービスを無料で提供していますので自分のメールアドレスがダークウェブに流れていないかぜひチェックしてみてください。対策はこちらへ。
Security

Facebookアカウントのクラック?

Facebookアカウントのリカバリーコード(パスワードリセット)のお知らせに要注意。 リクエストしていないのにFacebookパスワードのリセットメールが届いた場合の対処
Recommend

LOTTA LOVE

個人的にオススメしたい80年代〜90年代までの洋楽曲を紹介しています。特に最近ボカロ曲(またはボカロP曲)をメインで聴いている若い方には「古き良き洋楽」をぜひ一度聴いてほしいです。